確認フォーム

感想

著者の人生の赤裸々話。
「なぜか夫のちんぽだけが入らない」という問題と直面した半生を綴った本。

内容は暗めだが、セックスが出来なくても愛情は育めることや、世の中色んな人が色んな事で悩み、色んな生き方があることを再確認できる。

また、著者の独特の表現力が度々クスッと笑わせてくれる。
「未解決ちんぽ事件」
「狂い乳の日がやってきた」
「信じたくないが三十八歳になってしまった。これは野生のゴリラの寿命に匹敵するらしい」