確認フォーム

感想

女子高校生が父の急死に伴い、いきなり社長になった。という前作ストーリーを引き継いだ状態から始まる。
※ちなみに前作は読んでいない。

主人公のちえが社長として会社を先導できるように、MBA(Master of Business Administration)という修士学校へ通い、徐々に成長してゆく話。

ただ、本書はあくまでビジネス書なので、物語の面白さではなく、MBAではどんなことが学べ、実務にどう活用できるか。
というのがメインである。
そのため、現実離れしたちえの成長は致し方ないw

本書では、貸借対照表や損益計算表の見方や事業改善する際の手法、考え方を比較的わかりやすく記述されている。