確認フォーム

感想

アンドリューが流木で動物のフィギアを作るようになって、製造会社からの帰り、お父さんが提案した「シフト制にしよう。一日の内数時間は自分の勉強に当てる。また、夜は教育の時間する」と決めたことは、今の教育の場面でもシフト制として、教育の時間を設けることは大事と感じた。

また、やはりリトルミスの結婚式後のお父さんと二人でプロジェクターで結婚式のダンス映像を観るシーンは、自分に娘がいたことを想像すると涙が出てくる。

本作品では、体の臓器や機能をいくら人間に近づけても、永遠の猪とのある人間は人間とは、認められないと語っている。
つまり不老不死は人類の最大に願いとも言えるが、同時に実現不可能だからこその願いとも言える。
同日に銀魂の作中でも「終わりなき生を、生と言えるのか。死んでいないことを生と呼ぶなら、死ぬことのない状況を生きていると呼べるのか。」と問うシーンがあった。
つまり終わりあるからこそ、今を楽しもう。辛いことも頑張ろうと思うのだろう。

そんなことを考えさせられた。