確認フォーム

感想

世界各国の壁画を元に、人類の創造者”エンジニア”に会いに行くという設定。

この設定に関しては、とても関心があった。


しかし惑星の基地にはエンジニアと思われる変死体の山。
そして黒い筒からは微生物が漏れ出し、それを飲まされた主人公のチャーリーはゾンビ化しクルーを数人殺害後焼殺される。

さらにはヒロインは感染直後のチャーリーとsexしたために、エイリアン妊娠!
周りは彼女を仮死状態して地球に連れ帰ろうとするが、彼女は周りを振り払い逃走。(バイオハザードの逃走シーンさながらw)
彼女は手術カプセルを使い、エイリアンを摘出。隔離。

というSFハプニングと色合いを変えていった。


終盤には、資金提供者のジジイが登場!
ジジイの目的は”人類の創造者に死ないようにしてもらう!”
数分後、唯一生存してたエンジニアに撲殺されるw

そして、エンジニアはUFOに乗って離陸。
⇒船長たちが宇宙船で特攻!
 ⇒UFO墜落
  ⇒エンジニア、ヒロイン襲撃
   ⇒とっさにヒロイン。我が子(エイリアン)にエンジニアを襲わせる
    ⇒我が子とエンジニア死亡。

その後、ヒロインは「エンジニアの本当の惑星に行って人類を殺そうとした理由を聞きたい」ってことで、アンドロイドと他のUFO見つけて出発。


だが、最後にエンジニアのお腹裂いて、あの有名なエイリアンがこんにちは!!
そこに繋げるんかい!!

でも、冒頭はエンジニアが黒い液体(たぶん微生物)を飲み、直後全身の細胞が破壊され、滝に落ち、DNAが川に流れるシーンから始まる。

つまり、エンジニアは人類を意図的に造ったわけではないのではないだろうか?
結局は偶然の賜物。進化の一種。だから、創造したとも言えないのでは?

そういえば、アンドロイドは、「どんな結果であろうと、人類を造った理由が知りたい?」と聞いてからチャーリーに微生物を飲ませた。
これは、つまりゾンビ化も一つの進化である。人間もたまたま出来ただけだと言いたいのでしょうか?


と、まあ途中からハプニング系になり、拍子抜けしたが色々と考えさせられる点がいくつもあり、意外と悪くない。

追伸:ヒロインの日本語版が剛力さんだったが、切羽詰った時の声が画と温度差ありすぎ。。。