確認フォーム

感想

感情的になってしまうことは、人間だから時にはあっても、仕方がない。
感情的になると判断力が鈍る。さらに感情的な発言や態度は、周りから見ると幼稚に見えカッコが悪い。
感情的になる時というのは、嫌なことを言ってくる人に真っ向から向き合ってしまうことが、要因の一つ。嫌なことを言われても流せば、それで終わりのことが多いので、真っ向から向き合わないようにする。
また、過去の嫌な体験をずっと引きずってしまうのも、要因。過去を引きずらない人は、気持ちが外に向いている。
気持ちを外に向けるには、常に新しいことに挑戦をしている。嫌な体験やリスクばかり考えていないで、「とりあえず、やってみよう」で挑戦していれば、過去のどうでもいい悩みは必然的に消えていく。



【ラインを引いた箇所】
『子供が自電車に乗れるようになるのと同じですね。補助輪がついている、親が支えてくれる、そういう時期がどんな続いても、ただそれだけでは自転車に乗れません。〜そういう度胸だめしの体験が、大人になるとしだいに減っていきます。〜人生はいくつになっても小さい度胸だめしの繰り返しであり、そのたびに世界が広がっていくものです。気軽に動く人はいくつになっても、この「小さな度胸だめし」を楽しんでいる人なのではないでしょうか。』